北竿|壁山(台湾・連江県北竿郷)

イメージ
今回記事からは、南竿から北竿に移ります。北竿一つ目のスポットは壁山です。

ここは北竿で最も高い場所になります、案内板によると北竿だけでなくここ馬祖地区で一番高い所に位置している場所だそうです。
スポンサーリンク

獅子のオンパレードですね!!
誰もいない間に撮影を済ませておきました。

因みに観光バスが来るとこんな感じに…

スポンサーリンク

180度見渡せるので、パノラマ撮影しておけばよかったですね…すっかり忘れていました。
ここからは北竿飛行場(北竿機場)が一望できます。北竿飛行場の左端には元々島があったのですが、そこ崩してにして滑走路の延長がされたと言われています。
少し小さいですが、写真中央にある赤枠は南竿飛行場ですかね、空気が霞んでいてあまりはっきり見えませんでしたが目を凝らせば何とか見る事が出来ます。
実はここから北竿飛行場の離発着のタイムラプスを撮ろうと思っていたのですが、便数が少ないのでタイミングが合わず諦めました…まぁ、ここからはパノラマが楽しむことが出来たのでよしとしましょう!!

菁桐老街(台湾.新北市平渓区)

菁桐老街は平渓線の最後の駅にある老街です。
菁桐も日本統治時代に炭鉱で栄えた街です。
なのでここにも昔の名残として鉱山を掘るモニュメントが設置されています。

余談なんですが、モニュメントの近くに交番があるのですが、その建物の形がランタン型をしていてホント独特です。

今回もスクーターでここまで来たので、この路地から菁桐老街に入って行きたいと思います。

 入って右に曲がると、線路脇には昔使っていた施設がひっそりとたたずんでいた。
ちなみに、平渓線沿線ではこのような施設をちらほら見ることができます、十分瀑布を見に行く途中にも似た形をした施設があります。

これが菁桐駅の駅舎です。

ホームの両脇から自由に入れるので、気軽に記念撮影ができます。

電車が来るとホームは人でいっぱいになります。

そして、ここが終点なので折り返し戻って行きます。

来たら食べようと思っていたが、まだ開店準備中でした...

線路脇には願いを書いた竹筒がたくさんつるされています。
竹筒は線路脇の店で売られています。


今回は来るのが早すぎたのもあり、店が準備中の所ばかりでした。
早く行けば空いているだろうと思い早めに行ったのですが、完全に裏目にでました。
また今度出直します。

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!

移動手段のバイクは梅貴租車行で借りました(台湾・花蓮県花蓮市)