北竿|壁山(台湾・連江県北竿郷)

イメージ
今回記事からは、南竿から北竿に移ります。北竿一つ目のスポットは壁山です。

ここは北竿で最も高い場所になります、案内板によると北竿だけでなくここ馬祖地区で一番高い所に位置している場所だそうです。
スポンサーリンク

獅子のオンパレードですね!!
誰もいない間に撮影を済ませておきました。

因みに観光バスが来るとこんな感じに…

スポンサーリンク

180度見渡せるので、パノラマ撮影しておけばよかったですね…すっかり忘れていました。
ここからは北竿飛行場(北竿機場)が一望できます。北竿飛行場の左端には元々島があったのですが、そこ崩してにして滑走路の延長がされたと言われています。
少し小さいですが、写真中央にある赤枠は南竿飛行場ですかね、空気が霞んでいてあまりはっきり見えませんでしたが目を凝らせば何とか見る事が出来ます。
実はここから北竿飛行場の離発着のタイムラプスを撮ろうと思っていたのですが、便数が少ないのでタイミングが合わず諦めました…まぁ、ここからはパノラマが楽しむことが出来たのでよしとしましょう!!

八卦山大仏風景区(台湾・彰化県彰化市)

今回は八卦山大仏風景区に行って来ました!!
駐車場を探していると第二駐車場に到着してしまったので、そちらの入り口から入ったのですが、なんか雰囲気が違うと思ったので辺りをブラブラ!

この門を探していたわけなんですが、私がバイクを停めた場所とは真逆の場所にありました。
大仏へとつながる階段の両側には32体の観音像

大仏だけかと思ったら意外と広いです!!

 大仏の前には二体の獅子が左右対称に配置されています。大仏と一緒にフレームインさせたかったのですが、木が邪魔で...

この大仏は民国45年(西暦1956年)に建てられ、今年2016年で丁度50年で鉄筋コンクリート製です。内部は6層に分かれているのですが、上がれたのは4層目まででした。

大仏の下に何故換気扇がついてるのか疑問でしたが中に入って、疑問が晴れました。

正面から向かって右横から大仏内に入ることができます。中にはロウソクがずらり結構な温度で、大仏様に換気扇を設けるのも納得です!!(内部の写真を撮るのを忘れました…)
二階から上はブッタの誕生、出家等の展示スペースになっています、少し階段が急なので注意してくださいね。

スポンサーリンク


大仏殿

 一階大成殿

 二階恩主殿

三階からの眺めはかなり良好です、そして大仏の先には彰化の街並みを望むことができます!!

大仏前には半円形の展望台があり、そこからも大パノラマが楽しめます。

今回は平日の午後に行ったのですが、観光バスが引っ切り無しに駐車場に横付けされ観光客でごった返していました。人は多いのですが、色々観光する場所があるのでゆっくりとみることが出来ました。しかし、全部を回ることが出来なかったのでまたいつか来てみたいと思います。

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!

移動手段のバイクは梅貴租車行で借りました(台湾・花蓮県花蓮市)