投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

連江県2泊3日のタビ、1日目の宿はここ!!邊辰民宿に宿泊!!

イメージ
連江県2泊3日のタビ、一日目の宿はここ!!邊辰民宿に泊まりました。
宿選びはかなり迷いました、一つは料金でした。一人で行ったのですが、一人部屋が全くなく困りました。探していた中で、何件かあったのですが港から遠い所も結構ありました、後々分かったのですが、ほとんどの宿泊施設には送迎サービスがあるのでそこまで気にする必要もなかったです。

港までの迎えは何も伝えてはいなかったのですが、東引港に到着後、下船中に宿のスタッフから電話が掛かって来て「シルバーのバイクに乗っているので探してください」と言われ見渡しているとすぐ見つける事が出来ました。
外観 東引島の民宿は大体港から宿泊施設までの送迎があるのでとても助かります、またこの宿もそうだったのですが道が狭く分かりにくい場所にある宿泊施設もあるので迎えに来てもらえるのは非常にありがたかったです。
因みに私は荷物が少なく一人だったためお迎えはバイクでした、帰りは朝早くにも関わらず車で送って下さいました。人数、荷物量等によって臨機応変に対応してくれるのでとても良かったです。

こちらがフロント 外観も綺麗でしたが内装も綺麗だったので申し分無しです!!
チェックイン時に次乗る船便のチケットの手配とバイクをレンタルするか聞かれるので、必要な場合は申し出ればすべて手配してくれます。 バイクは、こちらの民宿が貸し出しているバイクを借りる事が出来ます。
バイクはすべて125ccでかなり新しく使いやすかったです。
スポンサーリンク


共有設備 浄水器、冷蔵庫は共有設備となっていて廊下に設置されています。  浄水器
 茶、インスタントコーヒー等が用意されています。
私は使う機会が無かったのですが、冷蔵庫もありました。 ベッドルーム 一人で宿泊という事で、隣のベッドには寝具はありませんでした。

ダブルベッドですかね!?一人で寝るには十分な広さでしたよ。枕が柔らかすぎて無いに等しい感じがしましたがそれもご愛敬です。

スポンサーリンク

バスルーム バスルームはシャワー、トイレ一体型でバスタブはありませんでした。バスルームも非常に綺麗で良かったです。水圧も申し分無し!!

シャンプー、ボディーソープは備え付けになっていました。真夏の馬祖はかなり暑く一日中歩き回ると体中汗でベトベト…洗顔料持ってきていなかったのが失敗でしたね…

スポンサーリンク
室内設備  かなり新しい日立製…

台北賓館(台湾.台北市中正区)

イメージ
中華民国総統府を見た後、当日同時開放していた台北賓館へ行ってきました。

 左側に見える門が台北賓館入口で、総統府からMRTの駅に向かう間に台北賓館があります。

内側から



台北賓館は、日本統治時代の台湾総督官邸であり、1901年に完成し建築様式としてはルネサンス様式を用いています。
 入口から入ると左側に 階段があるので順路に沿って歩いていきました。

 階段下から

シャンデリア及び装飾が精工かつ豪華で素晴らしいですね。

階段を上ると右手には「日本國と中華民國との間の平和条約」調印時の状況を復元した銅像が飾られています。
 銅像の反対側にはリビングがありました。

 リビングルーム

 書斎

 ここには彫刻の施された木製の物入れがあり、周りの彫刻が精巧に彫られていたのでついつい見入ってしまいました。
 先ほどのリビングの扉一枚隔てた先には女性用リビングがありました。

中華民国総統府(台湾.台北市中正区)

イメージ
今回は中華民国総統府へ行ってきました。 行った日は5月8日(日)なのですが、この日は休日開放日の最後の日で暫くは開放されないので、たくさんの人で長蛇の列が出来ていました。次回の開放日は8月20日からだそうです。
総統府を真正面から見て右側の道を入ると台湾銀行があるのでそこをもう少し行ったとことに参観者用入口があります。
写真にはありませんが、入る際、身分確認、荷物チェック、ボディーチェックなどの検査があります。
車寄せから総統府の内部へ

ここでは憲兵と記念写真が撮れます。

車寄せからまっすぐ行くと中央階段に通じています。
階段の左右に配置されているのは総統、副総統のパネル、一緒に記念撮影が出来ますよ!

階段上から
総統のパネル前には長蛇の列が...

 経国庁
ここは祝典、茶会、音楽会などが行われる大ホールです。


壁の装飾品など何かレトロな雰囲気が感じ取れます。

 所々に植木が飾られているのですが総統府のだけあって、かなり綺麗です。

続いてお隣の部屋へ
ここは台湾虹庁と言われるスペースで主に宴会や記者会見時に使われるスペースです。

このホールの壁際には大きな絵が堂々と飾られています!