投稿

東引|安東坑道(台湾・連江県東引郷)

イメージ
東引島灯台の後は少し戻って安東坑道へ向かいました。

安東坑道は1972年に完成し、全長は641Mありかなり巨大な坑道です。馬祖の旅で一番行きたかった所でもあったので、ここに着く前からかなりテンションが上がっていました。
入り口前には「安全の為坑道に入る際には、ヘルメットを被って下さい」と注意書きがされています。どうせ誰も被って行かないんだろうなと思いながらも、ヘルメットを手に取り被った私でしたが、中に入ってから出るまでヘルメットを被った観光客には一人も出くわしませんでした…万が一の為にも被って入りましょ!!
私が入ろうとしていた時には、まだ先客がいなかったようで上写真のように真っ暗でした、壁にブレーカーボックスが設置されているのでそこで電気を付ける事が出来ます。下写真は電気を付けた後、全く違いますね!!


坑道に続く階段は全部で450段あり、かなりの長さがあるので上から見ても先が見えませんよ!!階段脇には坂道があるのですが、これは物資の搬入用に使われていたのですかね!!??
下に着くと坑道は二手に分かれています。
最初に左側の豚舎と書かれた方へ向かいました、距離が短そうだったので!!
豚舎と書かれた方向へ歩いていくと、すぐに行き止まりにぶち当たります。標識にはこの辺りと書いてあったのですが、豚舎らしき物は見えませんでした。この柵の先にあるのかな!?
岩肌の形がインディアンの顔に見えるみたいなのですがどうでしょう!?

反対側には小さな穴があけられているのですが、ここには確か入れなかった様な気がします。位置的にはトイレのある辺りになるのですが、定かではありません…


東引|東引島灯台(台湾.連江県東引郷)

イメージ
烈女義坑に続いてすぐ近くの東引島灯台(東湧灯台)へ行って来ました。烈女義坑からはバイクで1分程とかなり近いです、東引島灯台は東引島の端にあります。 東引島灯台は以前この付近で船が座礁したことから建てられた灯台で、1988年には台湾の国家三級戸籍に古蹟され、今では台湾最北端にある古蹟となっています。
灯台入り口、ここでバイクを止めて徒歩で灯台に向かいます。

デカデカと書かれた灯台の文字



擂鼓石

少し細い石畳の道を進むこと約5分程で東引島灯台の門到着です、ここが本当の入口みたいですね!!しかし、ここまでバイクを運転して来る人がいるとは…
太白天聲

ここから下に降りる事が出来ますが、どれくらいかかるのか分からなかったので行っていません。
下にあるのが霧砲で、今では霧笛に切り替えられていますが霧砲も補助的役割を担っています。


ようやく東引島灯台に到着です、先ほどの門から大体10分もかかりません。階段脇の道を進むと右側にはトーチカがあるのですが中にはペンキ等が置かれ物置状態・・・中はあまり整備はされていませんでした。
この上は多分宿舎でしょうね
交通部、台湾国旗、海上だと何だか綺麗に映りますね。
上から撮るとなんだかいい感じですね、灯台後ろに広がる大海原といい海に灯台の白が映えますね。因みに、ここから山道を通じて烈女義坑に出る事が出来ます。