投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

連江県2泊3日のタビ、1日目の宿はここ!!邊辰民宿に宿泊!!

イメージ
連江県2泊3日のタビ、一日目の宿はここ!!邊辰民宿に泊まりました。
宿選びはかなり迷いました、一つは料金でした。一人で行ったのですが、一人部屋が全くなく困りました。探していた中で、何件かあったのですが港から遠い所も結構ありました、後々分かったのですが、ほとんどの宿泊施設には送迎サービスがあるのでそこまで気にする必要もなかったです。

港までの迎えは何も伝えてはいなかったのですが、東引港に到着後、下船中に宿のスタッフから電話が掛かって来て「シルバーのバイクに乗っているので探してください」と言われ見渡しているとすぐ見つける事が出来ました。
外観 東引島の民宿は大体港から宿泊施設までの送迎があるのでとても助かります、またこの宿もそうだったのですが道が狭く分かりにくい場所にある宿泊施設もあるので迎えに来てもらえるのは非常にありがたかったです。
因みに私は荷物が少なく一人だったためお迎えはバイクでした、帰りは朝早くにも関わらず車で送って下さいました。人数、荷物量等によって臨機応変に対応してくれるのでとても良かったです。

こちらがフロント 外観も綺麗でしたが内装も綺麗だったので申し分無しです!!
チェックイン時に次乗る船便のチケットの手配とバイクをレンタルするか聞かれるので、必要な場合は申し出ればすべて手配してくれます。 バイクは、こちらの民宿が貸し出しているバイクを借りる事が出来ます。
バイクはすべて125ccでかなり新しく使いやすかったです。
スポンサーリンク


共有設備 浄水器、冷蔵庫は共有設備となっていて廊下に設置されています。  浄水器
 茶、インスタントコーヒー等が用意されています。
私は使う機会が無かったのですが、冷蔵庫もありました。 ベッドルーム 一人で宿泊という事で、隣のベッドには寝具はありませんでした。

ダブルベッドですかね!?一人で寝るには十分な広さでしたよ。枕が柔らかすぎて無いに等しい感じがしましたがそれもご愛敬です。

スポンサーリンク

バスルーム バスルームはシャワー、トイレ一体型でバスタブはありませんでした。バスルームも非常に綺麗で良かったです。水圧も申し分無し!!

シャンプー、ボディーソープは備え付けになっていました。真夏の馬祖はかなり暑く一日中歩き回ると体中汗でベトベト…洗顔料持ってきていなかったのが失敗でしたね…

スポンサーリンク
室内設備  かなり新しい日立製…

小白宮.前清淡水関税務司官邸(台湾.新北市淡水区)

イメージ
紅毛城を見終えた後にその近くに小白宮という文化遺産があると耳にしたので行ってきました。 小白宮は台湾がイギリス植民地時代に建物で、東、西、南を回廊で囲まれその内側に部屋がある設計になっています。
小白宮の入口

小白宮の見所と言えばこの真っ直ぐに伸びる回廊
係員によると結婚記念としてウェディングドレス姿で写真を撮る方も結構いらっしゃるそうです。

中の構造は、入口に近い部屋から書斎、リビング、ベッドルームとなってます。


リビング

ベッドルーム


小白宮の全体模型
奥の出っ張った部分が今は事務所になっています。


スポンサーリンク






 建物外観

こちらがトイレ、形が小白宮に似てますね!
この建物は当時は無く小白宮をモチーフにして建てられたそうです。

開放時間:月曜日~金曜日9:30~17:00                  土,日9:30~18:00
実はこの近くに同じく白い建物があり、そちらは外は見れるのですが中は観覧できない建物がありますがそれは小白宮ではないのでご注意を!紅毛城から歩いて5分ぐらいなので興味のある方は是非訪れてみて下さい。

淡水紅毛城(台湾・新北市淡水区)

イメージ
着いたときは9時ちょうどで開いておらず...開園は9時30分と書いてあったので富貴角灯台に続いてここでも足止めを食らいました仕方ないので淡水老街にあるマックで時間をつぶしてから戻ってきました。
こちらが淡水紅毛城の入口
入口から入ってすぐの所にあったのがインフォメーションセンターです。
インフォメーションセンター奥にはお土産屋さんがありました。
 坂道を上がっていざ紅毛城へ

と思ったら、まさかまさか紅毛城が修繕工事中...
水漏れがひどく工事が必要になってしまったそうです...見れないのは残念ですが、工事中の姿を見れるのもまたレアですね!ここはまた今度来てみたいと思います。 
~前清英国領事館官邸~ 紅毛城の隣にある前清英国領事館官邸


正面から
入口から入ると正面に階段、その奥をまっすぐ行くとキッチンなどがあります、そして右側にはダイニングルーム、左側は応接間がありました。
一階は生活に必要な機能が集中しています。 ダイニングルーム
 応接間

 書斎

滬尾砲台(台湾・新北市淡水区)

イメージ
紅毛城を見終わり、その近くに前から行って見たいと思っていた滬尾(こび)砲台があるので行ってきました。今回もまたまた砲台関連の記事になりますが、この砲台は今まで紹介してきたものとは形もが全く違います。
当時は攻撃を受けることもなかったようなので、保存状態は良好でした。そしてここの砲台は中華民国の二級古跡に指定されています。

 入口にはインフォメーションセンターがあり、そこには日本語のパンフレットも置いてありますよ!!

この要塞の回りをぐるっと一周する通路がありました。

こちらが砲台へ続く唯一の入口、分厚いコンクリート製の壁が目を引きます!壁は厚いところで約4mにも達するそうです。 (写真が少し斜めになっているのが少し気に食わないですね...私が撮ったんですが...)

門の上には北門の要の文字があり、見るからに頑丈そうです。
さて、中に入っていきますよ!!

中に入ると周りはすべて壁で囲まれていました、これぞ鉄壁の守りですね。
入ってすぐのところにロープに囲まれた場所があるのですが、その真ん中にあるのが兵舎跡です。
ではでは、室内へ!!

 砲台下のスペースは兵士の寝室や倉庫、弾薬庫などなどの用途に使われていたようです。


スポンサーリンク




ここから砲座跡に上がることができ、上には計4箇所に砲座跡があります。
左右両方とも砲台です。

かつてはこの砲台跡にアームストロング砲が淡水河方向を向いて設置されていました。

ここは観測所でしょうか?

 170°

180°


 360°