連江県2泊3日のタビ、1日目の宿はここ!!邊辰民宿に宿泊!!

イメージ
連江県2泊3日のタビ、一日目の宿はここ!!邊辰民宿に泊まりました。
宿選びはかなり迷いました、一つは料金でした。一人で行ったのですが、一人部屋が全くなく困りました。探していた中で、何件かあったのですが港から遠い所も結構ありました、後々分かったのですが、ほとんどの宿泊施設には送迎サービスがあるのでそこまで気にする必要もなかったです。

港までの迎えは何も伝えてはいなかったのですが、東引港に到着後、下船中に宿のスタッフから電話が掛かって来て「シルバーのバイクに乗っているので探してください」と言われ見渡しているとすぐ見つける事が出来ました。
外観 東引島の民宿は大体港から宿泊施設までの送迎があるのでとても助かります、またこの宿もそうだったのですが道が狭く分かりにくい場所にある宿泊施設もあるので迎えに来てもらえるのは非常にありがたかったです。
因みに私は荷物が少なく一人だったためお迎えはバイクでした、帰りは朝早くにも関わらず車で送って下さいました。人数、荷物量等によって臨機応変に対応してくれるのでとても良かったです。

こちらがフロント 外観も綺麗でしたが内装も綺麗だったので申し分無しです!!
チェックイン時に次乗る船便のチケットの手配とバイクをレンタルするか聞かれるので、必要な場合は申し出ればすべて手配してくれます。 バイクは、こちらの民宿が貸し出しているバイクを借りる事が出来ます。
バイクはすべて125ccでかなり新しく使いやすかったです。
スポンサーリンク


共有設備 浄水器、冷蔵庫は共有設備となっていて廊下に設置されています。  浄水器
 茶、インスタントコーヒー等が用意されています。
私は使う機会が無かったのですが、冷蔵庫もありました。 ベッドルーム 一人で宿泊という事で、隣のベッドには寝具はありませんでした。

ダブルベッドですかね!?一人で寝るには十分な広さでしたよ。枕が柔らかすぎて無いに等しい感じがしましたがそれもご愛敬です。

スポンサーリンク

バスルーム バスルームはシャワー、トイレ一体型でバスタブはありませんでした。バスルームも非常に綺麗で良かったです。水圧も申し分無し!!

シャンプー、ボディーソープは備え付けになっていました。真夏の馬祖はかなり暑く一日中歩き回ると体中汗でベトベト…洗顔料持ってきていなかったのが失敗でしたね…

スポンサーリンク
室内設備  かなり新しい日立製…

富貴角灯台(台湾・新北市石門区)

台湾最北端に位置する場所にある灯台です。

こちらが富貴角灯台へと続く遊歩道の入口

入口からすぐ近くにある分かれ道、右側のトイレの方に行くと面白いものがありました。

なんだろうと思って近くの高台に上って見ると、なんと迷路でした。
壁が低くて先が見えてしまう...さて、元の道に戻ります!

遊歩道を灯台方面に歩いて大体5~10分程でこの看板に辿り着きます、右側の道は老梅ビーチに繋がっていて老梅緑石槽をみることが出来ますよ。

~老梅緑石槽~

岩肌一面に映える藻、ちょっと白くなってしまっているのが残念...

 老梅緑石槽から遊歩道に戻り更に歩みを進めると、白黒縞々の灯台が姿を現しました!
まもなく灯台到着です。


灯台へと続く道の途中にある最北端灯台の看板

ちなみに、灯台に着いた時刻は朝の7時30分頃、扉開いてませんでした...


スポンサーリンク





なので午後4時頃戻ってきてリトライ!!
この時間来場者はかなり多かったです、なので人がいなくなる瞬間をかなり待ちました!

白黒の八角形をした灯台で、日本人が台湾で建てた灯台の一つです。
建てた目的は台湾と日本を結ぶ海底ケーブルと航路設備を作るためだったそうです。

灯台の敷地の中と外には軍事基地らしい面影がちらほらとありました。

そして灯台から見る景色は綺麗でした。
奥の方に座礁船が写っているのが少し残念ですが...


開放時間:9:00~18:00(4/1~10/31)
     9:00~17:00(11/1~3/31)
入場料 :無料
朝遊歩道を歩いた時には、周りには人誰一人もいなかったので茂みの中で小鳥がガサゴソと動く音が特に耳に入り少し不気味でした。しかし門が開く時間になると一転辺りは観光客だらけになります。
ここに来る何日か前に近くで船が座礁したので、その影響で周りには時折ほのかに重油の匂いが漂っていました。
最近、編集時間が取れないので投稿が少し遅れています...

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

東引|安東坑道(台湾・連江県東引郷)

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!