北竿|壁山(台湾・連江県北竿郷)

イメージ
今回記事からは、南竿から北竿に移ります。北竿一つ目のスポットは壁山です。

ここは北竿で最も高い場所になります、案内板によると北竿だけでなくここ馬祖地区で一番高い所に位置している場所だそうです。
スポンサーリンク

獅子のオンパレードですね!!
誰もいない間に撮影を済ませておきました。

因みに観光バスが来るとこんな感じに…

スポンサーリンク

180度見渡せるので、パノラマ撮影しておけばよかったですね…すっかり忘れていました。
ここからは北竿飛行場(北竿機場)が一望できます。北竿飛行場の左端には元々島があったのですが、そこ崩してにして滑走路の延長がされたと言われています。
少し小さいですが、写真中央にある赤枠は南竿飛行場ですかね、空気が霞んでいてあまりはっきり見えませんでしたが目を凝らせば何とか見る事が出来ます。
実はここから北竿飛行場の離発着のタイムラプスを撮ろうと思っていたのですが、便数が少ないのでタイミングが合わず諦めました…まぁ、ここからはパノラマが楽しむことが出来たのでよしとしましょう!!

富貴角灯台(台湾・新北市石門区)

台湾最北端に位置する場所にある灯台です。

こちらが富貴角灯台へと続く遊歩道の入口

入口からすぐ近くにある分かれ道、右側のトイレの方に行くと面白いものがありました。

なんだろうと思って近くの高台に上って見ると、なんと迷路でした。
壁が低くて先が見えてしまう...さて、元の道に戻ります!

遊歩道を灯台方面に歩いて大体5~10分程でこの看板に辿り着きます、右側の道は老梅ビーチに繋がっていて老梅緑石槽をみることが出来ますよ。

~老梅緑石槽~

岩肌一面に映える藻、ちょっと白くなってしまっているのが残念...

 老梅緑石槽から遊歩道に戻り更に歩みを進めると、白黒縞々の灯台が姿を現しました!
まもなく灯台到着です。


灯台へと続く道の途中にある最北端灯台の看板

ちなみに、灯台に着いた時刻は朝の7時30分頃、扉開いてませんでした...


スポンサーリンク





なので午後4時頃戻ってきてリトライ!!
この時間来場者はかなり多かったです、なので人がいなくなる瞬間をかなり待ちました!

白黒の八角形をした灯台で、日本人が台湾で建てた灯台の一つです。
建てた目的は台湾と日本を結ぶ海底ケーブルと航路設備を作るためだったそうです。

灯台の敷地の中と外には軍事基地らしい面影がちらほらとありました。

そして灯台から見る景色は綺麗でした。
奥の方に座礁船が写っているのが少し残念ですが...


開放時間:9:00~18:00(4/1~10/31)
     9:00~17:00(11/1~3/31)
入場料 :無料
朝遊歩道を歩いた時には、周りには人誰一人もいなかったので茂みの中で小鳥がガサゴソと動く音が特に耳に入り少し不気味でした。しかし門が開く時間になると一転辺りは観光客だらけになります。
ここに来る何日か前に近くで船が座礁したので、その影響で周りには時折ほのかに重油の匂いが漂っていました。
最近、編集時間が取れないので投稿が少し遅れています...

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!

移動手段のバイクは梅貴租車行で借りました(台湾・花蓮県花蓮市)