投稿

3月, 2017の投稿を表示しています

青龍瀑布(台湾・南投県竹山鎮)

イメージ
燕庵に行った後日没までまだ時間あったので入口付近にある青龍瀑布に行って来ました。

入口向かって左側が青龍瀑布へと続く道があります、入口脇にあるのですが人通りは全く無かったです、私はバイクをこの近くに停めて少し休んでいると警備員の方がこちらをチラチラ見ていました、人通りがあまりない所にいるとかえって目立つんですね!!
パンフレットによれば、ここから約 1500m、30分程の道のりだそうで近そうで近くない微妙な距離ですね、こういうところで心配なのがトイレなのですが入口付近と大体中間地点にもトイレがあるのでご心配なく!!
舗装されていない道を歩くのかと思っていたのですが、最初の方はコンクリート道が続いていました。
スポンサーリンク

途中、石井磯という看板があったのでちょっと寄り道してみました、ホントは時間が無いんですがね…気になったら放って置けないので!!
ここには甌穴が幾つかあるらしく、長い年月をかけ浸食され出来た甌穴の深さは最も深いもので約5m程あるものもあるそうです。寄り道はここまで、元の道に戻ります!!

88吊り橋を渡って階段を上るとまたまたコンクリート道に出ます、それにしてもこの木は凄い生え方していますね!!
案内板があるのは心強いですね、ここまで結構歩いてきたのですがまだ600mもあるとは…


 滝の音も微かに聞こえてきたのでもう少しかと思いきや…

先はまだ長いです、このクネクネとした下り階段、帰り道が思いやられます…

スポンサーリンク

階段を過ぎ、途中の亭を更に行くと青龍瀑布に到着です。
滝を近くで望める迎曦台

この時期は全体的に水量が少ないのでしょうかね、こちらも水量の多い時期と比べるとかなり元気がないような感じがしました。そしてここまで来るのにすれ違った人はたったの一人だけ、ここには20分程滞在していましたが誰も来ませんでした。 ここまで来れたのはよかったのですが、それにしてもこの日は霧が濃く、待っても良くなる気配がしませんでした。
因みに青龍瀑布の近くには青龍二瀑という滝があると案内板に書いてあったので帰り道寄ってみたのですが、こちらは見事に枯れていました…

燕庵(台湾・南投県竹山鎮)

イメージ
天眼歩道に行った後は紅楼に戻り、そこからほど近い燕庵へ行って来ました。
パンフレットによると燕庵までの距離は220m、徒歩約10分という道のりそこまで遠くは無さそうですね。
このかわいいマスコットは園内には幾つか設置されているのですが、実はゴミ箱だったんですね。ここに来る前に同じ形をしたゴミ箱に遭遇したので、ゴミを捨てようとしたのですが、投入口がどこか分からず諦めました。ピンクの方の目が少し開いていますね、ここでやっと投入口がどこにあるのかわかりました。
スポンサーリンク


燕庵まではずっと上り道が続いています。

左手にこの橋が見えたら燕庵はもうすぐです。因みに橋を渡ると台湾杜鵑森林歩道に行くことが出来ます。
川亭という亭が見えたら目的地到着です。
人気は少ないのですが真新しいトイレ完備!!ありがたいですね!!、燕庵瀑布はこの真後ろにあります。 スポンサーリンク
行った時期が悪かったようですね、滝から流れ落ちる水は僅かだけ...
横には水量の多い期間と少ない期間の比較写真がありました、行った日は2月でした、この時期は水量の少ない期間に当たる様で、その中でも最も水量が少ない期間だったんでしょうね...
滝真下にある洞窟内には鳥たちが住み着いているようで、時折何羽かが出入りを繰り返していました。
ここでもあまり人に会いませんでした、日没も近いので速足で戻って次のスポットへ!!

天眼歩道(台湾・南投県竹山鎮)

イメージ
松瀧岩瀑布を見終わった後はその先に延びる歩道があったのでちょっと寄ってみました。看板には全長900m、25分と書かれていたので、そこまで長くなさそうなので行ってみることにしました!!
天眼歩道を少し入った場所に松瀧岩瀑布を見渡せる場所があったので写真をパシャリ!!!
松瀧岩瀑布を見に来る人は多いのですが、天眼歩道まで来る人は少ないみたいですね!!途中までですれ違った人はわずか数人でした。
スポンサーリンク




大体1/3ぐらい行った所に先民隧道という短いトンネルがあります。先民隧道は当時木馬道があり木材を運ぶために使用されていた手彫りトンネルです。
天眼歩道には、所々に休憩スペースがあるのでありがたいですね!!
先程の先民隧道から更に奥へ入った所に千古紅檜があります。千古紅檜(タイワンベニヒノキ)は樹齢約1000年、高さ35m、直径5.3mもある巨木です。周りを歩道が取り囲んでいるのでグルリと一周することが出来ます。
スポンサーリンク



天眼歩道は千古紅檜の辺りで終わってしまうので、ここからは地眼歩道に変わります。天地眼に向けてラストスパートなのですが、千古紅檜から天地眼にかけて階段の勾配が結構急になります。歩く事約10分程で目的地の天地眼に到着です。

一目見た時はなんだこれと思いました、表面のえぐれたただの岩肌ではないかと...
折角結構な時間かけて歩いてきたのにこれだけかと思って帰路に着こうとしたときに、振り返って一枚写真を撮った時に初めて二つの目がある事に気づきました。確かによく見てみれば顔にも見えますね!!

松瀧岩瀑布から天地眼までは大体30分程です、折角時間とお金をかけて松瀧岩瀑布まで来たら是非とも訪れて見てくださいね。