北竿|壁山(台湾・連江県北竿郷)

イメージ
今回記事からは、南竿から北竿に移ります。北竿一つ目のスポットは壁山です。

ここは北竿で最も高い場所になります、案内板によると北竿だけでなくここ馬祖地区で一番高い所に位置している場所だそうです。
スポンサーリンク

獅子のオンパレードですね!!
誰もいない間に撮影を済ませておきました。

因みに観光バスが来るとこんな感じに…

スポンサーリンク

180度見渡せるので、パノラマ撮影しておけばよかったですね…すっかり忘れていました。
ここからは北竿飛行場(北竿機場)が一望できます。北竿飛行場の左端には元々島があったのですが、そこ崩してにして滑走路の延長がされたと言われています。
少し小さいですが、写真中央にある赤枠は南竿飛行場ですかね、空気が霞んでいてあまりはっきり見えませんでしたが目を凝らせば何とか見る事が出来ます。
実はここから北竿飛行場の離発着のタイムラプスを撮ろうと思っていたのですが、便数が少ないのでタイミングが合わず諦めました…まぁ、ここからはパノラマが楽しむことが出来たのでよしとしましょう!!

天眼歩道(台湾・南投県竹山鎮)

松瀧岩瀑布を見終わった後はその先に延びる歩道があったのでちょっと寄ってみました。看板には全長900m、25分と書かれていたので、そこまで長くなさそうなので行ってみることにしました!!

天眼歩道を少し入った場所に松瀧岩瀑布を見渡せる場所があったので写真をパシャリ!!!

松瀧岩瀑布を見に来る人は多いのですが、天眼歩道まで来る人は少ないみたいですね!!途中までですれ違った人はわずか数人でした。

スポンサーリンク




大体1/3ぐらい行った所に先民隧道という短いトンネルがあります。先民隧道は当時木馬道があり木材を運ぶために使用されていた手彫りトンネルです。

天眼歩道には、所々に休憩スペースがあるのでありがたいですね!!

先程の先民隧道から更に奥へ入った所に千古紅檜があります。千古紅檜(タイワンベニヒノキ)は樹齢約1000年、高さ35m、直径5.3mもある巨木です。周りを歩道が取り囲んでいるのでグルリと一周することが出来ます。

スポンサーリンク



天眼歩道は千古紅檜の辺りで終わってしまうので、ここからは地眼歩道に変わります。天地眼に向けてラストスパートなのですが、千古紅檜から天地眼にかけて階段の勾配が結構急になります。歩く事約10分程で目的地の天地眼に到着です。


一目見た時はなんだこれと思いました、表面のえぐれたただの岩肌ではないかと...

折角結構な時間かけて歩いてきたのにこれだけかと思って帰路に着こうとしたときに、振り返って一枚写真を撮った時に初めて二つの目がある事に気づきました。確かによく見てみれば顔にも見えますね!!

松瀧岩瀑布から天地眼までは大体30分程です、折角時間とお金をかけて松瀧岩瀑布まで来たら是非とも訪れて見てくださいね。


このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!

移動手段のバイクは梅貴租車行で借りました(台湾・花蓮県花蓮市)