北竿|壁山(台湾・連江県北竿郷)

イメージ
今回記事からは、南竿から北竿に移ります。北竿一つ目のスポットは壁山です。

ここは北竿で最も高い場所になります、案内板によると北竿だけでなくここ馬祖地区で一番高い所に位置している場所だそうです。
スポンサーリンク

獅子のオンパレードですね!!
誰もいない間に撮影を済ませておきました。

因みに観光バスが来るとこんな感じに…

スポンサーリンク

180度見渡せるので、パノラマ撮影しておけばよかったですね…すっかり忘れていました。
ここからは北竿飛行場(北竿機場)が一望できます。北竿飛行場の左端には元々島があったのですが、そこ崩してにして滑走路の延長がされたと言われています。
少し小さいですが、写真中央にある赤枠は南竿飛行場ですかね、空気が霞んでいてあまりはっきり見えませんでしたが目を凝らせば何とか見る事が出来ます。
実はここから北竿飛行場の離発着のタイムラプスを撮ろうと思っていたのですが、便数が少ないのでタイミングが合わず諦めました…まぁ、ここからはパノラマが楽しむことが出来たのでよしとしましょう!!

合歓山主峰(台湾・南投県仁愛郷)

武嶺で景色を眺めた後は合歓山に行って来ました!
合歓山登山口は、昆陽休憩所と武嶺の大体中間地点にあり、近くにはこの二つ以外駐車場は無く、私は武嶺にバイクを停めていたので、そのまま徒歩で登山口へ向かいました。

武嶺から登山口まで徒歩で大体10~15分程の道のり、バイクで上がって来た道をひたすら下っていきます、車の往来が激しいので注意が必要です!!

登山口到着!!武嶺とは違って人気が全くありませんでした、人気がないのでしょうかね!!??
太魯閣国家公園のホームページによるとここから合歓山主峰までの所要時間は約1時間、高山病にならないようにゆっくり上って行きました。

スポンサーリンク

登山口への道が閉ざされていたので、折角来たのに立入禁止かと思いましたが、駐車禁止や車両進入禁止を利用者に促すためのゲートの様で、ゲート脇から入る事が出来ます。

登山道は舗装されていない道を想像していたのですが、入口からはずっと舗装された道が続いていたので歩きやすいです!しかし、整備はあまりされていない様で所々陥没している場所が...

歩くこと約20分程で頂上に到着

かと思いきや、休憩所でした。

ここからの眺めも十分にきれいなんですがね、折角来たので頂上を目指したいと思います。

ふとポケットに手をやると、朝モスバーガーで飲んだココアについてきたマシュマロがパンパンに膨れていました。

またひたすら登山道に戻り頂上に向けて歩みを進めます。

スポンサーリンク

トーチカでしょうかね!?これが見えたら大体半分ほど来た目安になります。

昔の軍事施設も今となっては展望台替わりですね、遠くを見渡す目的で建てられているのでここからの見晴らしもいいはずですね!!

登山道唯一のトイレ、これが見えてきたら頂上はすぐそこです。

ここを登れば頂上到着です、ゆっくり来たはずなのに少し息切れが...

 これが頂上への最後の階段

携帯基地局もあるので電波もバッチリ!基地局横を通れば合歓山主峰ははすぐそこです!

そしてやっと合歓山主峰到着、標高3,417mに位置し武嶺よりも約142m程高い場所です。登山口からここまではゆっくり歩いて大体約45分ほどでした。合歓山主峰はに来る人は武嶺と比べるとかなり少なく写真撮り放題でした。


このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!

移動手段のバイクは梅貴租車行で借りました(台湾・花蓮県花蓮市)