連江県2泊3日のタビ、1日目の宿はここ!!邊辰民宿に宿泊!!

イメージ
連江県2泊3日のタビ、一日目の宿はここ!!邊辰民宿に泊まりました。
宿選びはかなり迷いました、一つは料金でした。一人で行ったのですが、一人部屋が全くなく困りました。探していた中で、何件かあったのですが港から遠い所も結構ありました、後々分かったのですが、ほとんどの宿泊施設には送迎サービスがあるのでそこまで気にする必要もなかったです。

港までの迎えは何も伝えてはいなかったのですが、東引港に到着後、下船中に宿のスタッフから電話が掛かって来て「シルバーのバイクに乗っているので探してください」と言われ見渡しているとすぐ見つける事が出来ました。
外観 東引島の民宿は大体港から宿泊施設までの送迎があるのでとても助かります、またこの宿もそうだったのですが道が狭く分かりにくい場所にある宿泊施設もあるので迎えに来てもらえるのは非常にありがたかったです。
因みに私は荷物が少なく一人だったためお迎えはバイクでした、帰りは朝早くにも関わらず車で送って下さいました。人数、荷物量等によって臨機応変に対応してくれるのでとても良かったです。

こちらがフロント 外観も綺麗でしたが内装も綺麗だったので申し分無しです!!
チェックイン時に次乗る船便のチケットの手配とバイクをレンタルするか聞かれるので、必要な場合は申し出ればすべて手配してくれます。 バイクは、こちらの民宿が貸し出しているバイクを借りる事が出来ます。
バイクはすべて125ccでかなり新しく使いやすかったです。
スポンサーリンク


共有設備 浄水器、冷蔵庫は共有設備となっていて廊下に設置されています。  浄水器
 茶、インスタントコーヒー等が用意されています。
私は使う機会が無かったのですが、冷蔵庫もありました。 ベッドルーム 一人で宿泊という事で、隣のベッドには寝具はありませんでした。

ダブルベッドですかね!?一人で寝るには十分な広さでしたよ。枕が柔らかすぎて無いに等しい感じがしましたがそれもご愛敬です。

スポンサーリンク

バスルーム バスルームはシャワー、トイレ一体型でバスタブはありませんでした。バスルームも非常に綺麗で良かったです。水圧も申し分無し!!

シャンプー、ボディーソープは備え付けになっていました。真夏の馬祖はかなり暑く一日中歩き回ると体中汗でベトベト…洗顔料持ってきていなかったのが失敗でしたね…

スポンサーリンク
室内設備  かなり新しい日立製…

太魯閣・燕子口(台湾・花蓮県秀林郷)


砂卡礑歩道の次は燕子口へ!!
燕子口の前にある吊り橋なのですが、この吊り橋を渡りこの奥の歩道に行くには3日前に事前に申請が必要なので注意してくださいね!!
ちなみに唯一ここだけ白線だったのでバイクはこの辺りに停めました、係員もここしか停める所はないと言っていましたし、警察も巡回しているので注意した方がいいとも言っていました、燕子口歩道の道路は道幅が狭いため両側共に路上駐車禁止の赤線がずっと引いてありますので、駐車、駐輪の際は気を付けてください。

燕子口入口
燕子口には燕が生息しているのですが、峡谷から吹き上げる風が小さな昆虫を巻き上げそれを求めてくるそうです。そして太魯閣峡谷では一年を通して燕が見れるそうです。

燕子口のある場所はいくつかのトンネルがあり、道路も一車線で一方通行なので狭いです。

歩道の広さは場所によって異なるのですがしっかり確保されている場所がほとんどです。

写真ではあまり臨場感が伝わらないのですが高さが結構ありますよ。

燕が岩肌に巣を作っていました。
写真ではできる限りズーム撮影しましたが、実際現地で見ると結構小さくトンネルの色と被っているので少し発見しずらいです!!

 ここではヘルメットの着用が必要ですので忘れずに借りてください!!
着用していない人もいますが、万が一のために...

写真をじっくりと見てください!!何か見えませんか!!??

現地のタクシードライバーが観光客にクイズを出していたので、聞いていたら山肌になにか形が見えるそうなので、よ~く見てみるとハートが大きく見えました。

こちらもタクシードライバーが綺麗な景色だと言っていたのでパシャリ!!

燕子口ではゆっくり歩きながらそして休憩も入れて大体一時間半程滞在していました。
冒頭で駐車の話をしましたが、事実私たちがバイクを停めている場所に戻った時には、警察が丁度違反を取り締まっている最中でした。

太魯閣総集編へ

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

東引|安東坑道(台湾・連江県東引郷)

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!