連江県2泊3日のタビ、1日目の宿はここ!!邊辰民宿に宿泊!!

イメージ
連江県2泊3日のタビ、一日目の宿はここ!!邊辰民宿に泊まりました。
宿選びはかなり迷いました、一つは料金でした。一人で行ったのですが、一人部屋が全くなく困りました。探していた中で、何件かあったのですが港から遠い所も結構ありました、後々分かったのですが、ほとんどの宿泊施設には送迎サービスがあるのでそこまで気にする必要もなかったです。

港までの迎えは何も伝えてはいなかったのですが、東引港に到着後、下船中に宿のスタッフから電話が掛かって来て「シルバーのバイクに乗っているので探してください」と言われ見渡しているとすぐ見つける事が出来ました。
外観 東引島の民宿は大体港から宿泊施設までの送迎があるのでとても助かります、またこの宿もそうだったのですが道が狭く分かりにくい場所にある宿泊施設もあるので迎えに来てもらえるのは非常にありがたかったです。
因みに私は荷物が少なく一人だったためお迎えはバイクでした、帰りは朝早くにも関わらず車で送って下さいました。人数、荷物量等によって臨機応変に対応してくれるのでとても良かったです。

こちらがフロント 外観も綺麗でしたが内装も綺麗だったので申し分無しです!!
チェックイン時に次乗る船便のチケットの手配とバイクをレンタルするか聞かれるので、必要な場合は申し出ればすべて手配してくれます。 バイクは、こちらの民宿が貸し出しているバイクを借りる事が出来ます。
バイクはすべて125ccでかなり新しく使いやすかったです。
スポンサーリンク


共有設備 浄水器、冷蔵庫は共有設備となっていて廊下に設置されています。  浄水器
 茶、インスタントコーヒー等が用意されています。
私は使う機会が無かったのですが、冷蔵庫もありました。 ベッドルーム 一人で宿泊という事で、隣のベッドには寝具はありませんでした。

ダブルベッドですかね!?一人で寝るには十分な広さでしたよ。枕が柔らかすぎて無いに等しい感じがしましたがそれもご愛敬です。

スポンサーリンク

バスルーム バスルームはシャワー、トイレ一体型でバスタブはありませんでした。バスルームも非常に綺麗で良かったです。水圧も申し分無し!!

シャンプー、ボディーソープは備え付けになっていました。真夏の馬祖はかなり暑く一日中歩き回ると体中汗でベトベト…洗顔料持ってきていなかったのが失敗でしたね…

スポンサーリンク
室内設備  かなり新しい日立製…

中台禅寺(台湾・南投県埔里鎮)

今回は南投の埔里にある中台禅寺に行ってきました。

丁度この近くに駐輪場があるのでこの門から入りました。

門から入って目に入るのがこの蓮花池、綺麗に手入れされています。


スポンサーリンク



ここから見てもかなり大きいですね。

こちらも門すぐ近くにある木彫分館なのですが内部は撮影禁止なのでスルーしました。

やっと到着、広角レンズは持っていないですしギリギリまで下がって撮りましたがこれが限界でした…ちょっと大きすぎますね、門の高さだけでも5ⅿ程あるそうで…
門付近からは静かにしないといけません、私語厳禁までとはいけませんが声が大きすぎると係員から注意を受けるので気を付けてくださいね。

入って直ぐの場所には獅子、真ん中には彌勒菩薩、韋駄菩薩が安置されています。

一階フロアにはかなり目を引く四天王が安置されており大きさにかなり圧倒されます、高さは12ⅿで全て4体あるのですがこれらはブロック状で運ばれこちらで組み立てが行われました、見えない継ぎ目技術の結晶ですね。

階段は右側通行、また階段の上り下り中のカメラ撮影は禁止ですよ。

スポンサーリンク


二階は大雄宝殿、ここには釈迦牟尼仏が安置されています。

天井の装飾

両側には脇待殿があり、左側は祖師殿、右側に伽藍殿になっています、前者には達磨大師、後者には伽藍菩薩が安置されています。
こちらも静粛を保たなければいけないので凄く静かでした、室内なので反響もすごく少し音を出すと響きます、私のカメラのシャッター音がカシャカシャと鳴り響いていましたが、シャッター音は注意されなかったので大丈夫なようです。

一般開放されているのは二階までで、上階の見学には3日前ネット予約するか、現場申請するかもしくは、運が良ければ臨時の見学会が開かれている時もあるのでそれに参加すればすぐに見学することができます。

上階見学について

今回は運よく係員の方が声を掛けてくれたので見学に参加することが出来ました、見学中の写真撮影、録画、録音は一切禁止です、なので上階の写真はありません。外国語での案内もあるそうです、見学時間は一時間となっています。5、9、16階の大壮厳殿、大光明殿、万仏殿(時々によって変わるようです。)を見学することが出来ます。パンフレットに写真が掲載されていますが、実物の壮大さには圧倒されます。

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

東引|安東坑道(台湾・連江県東引郷)

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!