玻璃媽祖廟(台湾・彰化県鹿港鎮)

玻璃館に続いてその隣にある玻璃媽祖廟を訪れました。

玻璃媽祖廟は竣工まで約6年、総工費約1.2億台湾元で、台湾の様々なガラス会社の技術が詰まった傑作ともいえるでしょうね、ガラスで出来ているとは裏腹にM8の地震にも強風にも耐えうる強固な造りをしているそうです。

スポンサーリンク


建物を見渡す限りあらゆるものがガラスで出来ています。

玻璃媽祖廟に入るとすぐに目に入るのはど真ん中にある池、中には幾つかのガラスのお椀があり沢山のコインが投げ込まれていました!!

中の装飾品もガラス製だと思いきや、紙製なんでしょうかね!?

スポンサーリンク


建物一番奥には祭壇があり沢山の人が願い事をしていました。

今回は昼間に来たのでごく普通の媽祖廟と変わらないと思ってしまいましたが、夜にはライトアップされ別の一面を見ることが出来るそうです。時間があればまたリトライしてみたいですね。

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

武嶺(台湾・南投県仁愛郷)

合歓山主峰(台湾・南投県仁愛郷)