連江県2泊3日のタビ、1日目の宿はここ!!邊辰民宿に宿泊!!

イメージ
連江県2泊3日のタビ、一日目の宿はここ!!邊辰民宿に泊まりました。
宿選びはかなり迷いました、一つは料金でした。一人で行ったのですが、一人部屋が全くなく困りました。探していた中で、何件かあったのですが港から遠い所も結構ありました、後々分かったのですが、ほとんどの宿泊施設には送迎サービスがあるのでそこまで気にする必要もなかったです。

港までの迎えは何も伝えてはいなかったのですが、東引港に到着後、下船中に宿のスタッフから電話が掛かって来て「シルバーのバイクに乗っているので探してください」と言われ見渡しているとすぐ見つける事が出来ました。
外観 東引島の民宿は大体港から宿泊施設までの送迎があるのでとても助かります、またこの宿もそうだったのですが道が狭く分かりにくい場所にある宿泊施設もあるので迎えに来てもらえるのは非常にありがたかったです。
因みに私は荷物が少なく一人だったためお迎えはバイクでした、帰りは朝早くにも関わらず車で送って下さいました。人数、荷物量等によって臨機応変に対応してくれるのでとても良かったです。

こちらがフロント 外観も綺麗でしたが内装も綺麗だったので申し分無しです!!
チェックイン時に次乗る船便のチケットの手配とバイクをレンタルするか聞かれるので、必要な場合は申し出ればすべて手配してくれます。 バイクは、こちらの民宿が貸し出しているバイクを借りる事が出来ます。
バイクはすべて125ccでかなり新しく使いやすかったです。
スポンサーリンク


共有設備 浄水器、冷蔵庫は共有設備となっていて廊下に設置されています。  浄水器
 茶、インスタントコーヒー等が用意されています。
私は使う機会が無かったのですが、冷蔵庫もありました。 ベッドルーム 一人で宿泊という事で、隣のベッドには寝具はありませんでした。

ダブルベッドですかね!?一人で寝るには十分な広さでしたよ。枕が柔らかすぎて無いに等しい感じがしましたがそれもご愛敬です。

スポンサーリンク

バスルーム バスルームはシャワー、トイレ一体型でバスタブはありませんでした。バスルームも非常に綺麗で良かったです。水圧も申し分無し!!

シャンプー、ボディーソープは備え付けになっていました。真夏の馬祖はかなり暑く一日中歩き回ると体中汗でベトベト…洗顔料持ってきていなかったのが失敗でしたね…

スポンサーリンク
室内設備  かなり新しい日立製…

台中放送局(台湾・台中市北区)

台中放送局は1935年~1998年まで中部地区のラジオ放送を担っていた場所です。
台中放送局は1935年から使われ始め、日本統治時代に当時台湾にいた日本人に日本のラジオ放送を届けるため、また放送事業発展のために建てられた放送局で、台湾ではこれが3つ目の放送局でした。1998年に台中放送局に入っていた、中国広播公司が移転したので建物は台中市の管理下に置かれました。
雙十路から電台街に入り少し歩くとレトロな雰囲気の建物が見えてきます。

スポンサーリンク

入口すぐ脇にある小屋は、当時機関銃等が備えなれ堡塁の役割を果たしていたそうです、今では外からしか見ることが出来ません。

地下へと繋がる道なのですが、今は固く閉ざされています。

彩虹日池

冒頭でちらっと見えましたがこちらが台中放送局の建物、建築様式はロマネスク様式とゴシック様式をかけ合わせたものとなっています。今はアートスペースや、イベントスペースなどに使われているようです。

建物内に入ることも出来ます、中にはカフェスペースや展示スペースなどがあります。

建物内に入ると、片隅に当時の棟札がおかれていました。この建物が日本統治時代に建てられたという証拠ですね。

スポンサーリンク


展示スペース
行ったときは、台中放送局の歴史とアート作品が幾つか展示されていました。右手の階段で二階に行ってみたかったのですが、立入禁止らしいので諦めました。 

建物は意外と小さく、展示スペースなどに入らなければあっという間に見終わってしまいます。
建物の反対側に防空壕があるとどこかのブログか何かで見たことがあったので、そちらも見てきました。

何故ここに灯篭があるのかと疑問に思ったので、隣の案内板を見ると「灯篭は元々台中神社境内にあったもので、推測では神社解体時に台中放送局敷地内に移された、台中放送局敷地内に灯篭があるのは今だ謎」らしいです。

これが防空壕入口

階段が下まで繋がっていて入れるはずなのですが、かなりの水が溜まっていたので下には行けませんでした...

入場料 :無料
開放時間:月曜日~日曜日(10:00~18:00)

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

東引|安東坑道(台湾・連江県東引郷)

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!