連江県2泊3日のタビ、1日目の宿はここ!!邊辰民宿に宿泊!!

イメージ
連江県2泊3日のタビ、一日目の宿はここ!!邊辰民宿に泊まりました。
宿選びはかなり迷いました、一つは料金でした。一人で行ったのですが、一人部屋が全くなく困りました。探していた中で、何件かあったのですが港から遠い所も結構ありました、後々分かったのですが、ほとんどの宿泊施設には送迎サービスがあるのでそこまで気にする必要もなかったです。

港までの迎えは何も伝えてはいなかったのですが、東引港に到着後、下船中に宿のスタッフから電話が掛かって来て「シルバーのバイクに乗っているので探してください」と言われ見渡しているとすぐ見つける事が出来ました。
外観 東引島の民宿は大体港から宿泊施設までの送迎があるのでとても助かります、またこの宿もそうだったのですが道が狭く分かりにくい場所にある宿泊施設もあるので迎えに来てもらえるのは非常にありがたかったです。
因みに私は荷物が少なく一人だったためお迎えはバイクでした、帰りは朝早くにも関わらず車で送って下さいました。人数、荷物量等によって臨機応変に対応してくれるのでとても良かったです。

こちらがフロント 外観も綺麗でしたが内装も綺麗だったので申し分無しです!!
チェックイン時に次乗る船便のチケットの手配とバイクをレンタルするか聞かれるので、必要な場合は申し出ればすべて手配してくれます。 バイクは、こちらの民宿が貸し出しているバイクを借りる事が出来ます。
バイクはすべて125ccでかなり新しく使いやすかったです。
スポンサーリンク


共有設備 浄水器、冷蔵庫は共有設備となっていて廊下に設置されています。  浄水器
 茶、インスタントコーヒー等が用意されています。
私は使う機会が無かったのですが、冷蔵庫もありました。 ベッドルーム 一人で宿泊という事で、隣のベッドには寝具はありませんでした。

ダブルベッドですかね!?一人で寝るには十分な広さでしたよ。枕が柔らかすぎて無いに等しい感じがしましたがそれもご愛敬です。

スポンサーリンク

バスルーム バスルームはシャワー、トイレ一体型でバスタブはありませんでした。バスルームも非常に綺麗で良かったです。水圧も申し分無し!!

シャンプー、ボディーソープは備え付けになっていました。真夏の馬祖はかなり暑く一日中歩き回ると体中汗でベトベト…洗顔料持ってきていなかったのが失敗でしたね…

スポンサーリンク
室内設備  かなり新しい日立製…

合歓山日帰り旅

12/14に日帰りで合歓山まで行ってきたわけなのですが、今回はその詳細について書いていきたいと思います。実は天気予報では次の日は雪となっていて、雪が降ってしまうとチェーン規制が出てバイクでは上がれなくなってしまうので、急いで行きました。
台中からの出発になるので、まずは台中から埔里へ行き、埔里でレンタルバイクを借りて合歓山へ行くという感じになります。バスという手も考えましたが、バスでは流石に日帰りはきついので却下しました。(※訪れたスポットは別ページにて詳しく書いているので是非そちらを参考にしてください。)

台中出発は朝の6時45分、埔里のレンタルバイク屋の開店時間の8時に埔里につくように出発しました。
横断歩道の反対側にあるのが全航客運のバス乗り場でそこでチケットを購入します、干城にほど近く写真左手が台中駅方面です。

全航客運は乗車するときにチケットを見せる必要もなくそのまま乗車でき、また席も指定では無いので自由に座ることができます。チケットは下車するときに運転手脇の料金箱に入れないといけないのでちゃんと保管してくださいね、失くすと無賃乗車とみなされもう一枚チケットを買わないといけなくなりますので…
スポンサーリンク


予定としては武嶺合歓山主峰、石門山、清境農場、清境小瑞士花園等行きたいところは盛り沢山だったのですが、日帰りということもありスケジュール通りには行かないところも多々ありましたので、順に書いていきたいと思います。
埔里玩家の開店と同時にバイクをレンタルしようと思っていたのですが、あいにく8時には開いておらず、バイクが借りれたのは8時50分程で、丁度9時頃埔里東バスステーション前出発という形になりました。(レンタルバイクの詳細はこちらへ)
これでようやく武嶺に向かう事が出来るのですが、武嶺までの所要時間は大体約1時間30分~2時間程度なので、順調に行けば武嶺到着時刻は午前11時ぐらいになるはずです。

清境駐車場に着いたのは10時34分、ここに寄らず武嶺に直接アクセスしてもいいのですが、体が慣れずに高山病になってしまうのは避けたいので清境駐車場のモスバーガーでちょっと休憩です。ここの標高は1743m大体半分ぐらいの高さまで来ましたね。武嶺まではここから更に1時間上がった場所にあります。

武嶺に到着したのは11時35分

武嶺から合歓山登山口までは徒歩で大体10~15分程

スポンサーリンク

ゆっくりしたペースで上り、合歓山主峰に到着したのは12時55分、約1時間程かかります。景色が綺麗なのでここで1時間程写真を撮りながら歩き回りました。
当初の予定では下山後、石門山に行く予定でしたが武嶺に戻った時点で14時40分だったので帰路に就く事にしました。

15時32分頃清境小瑞士花園に到着、時間がまだありそうだったのでちょっと寄り道!!ここでも大体1時間程滞在し16時30分ごろ埔里のバスステーションに向けてバイクを走らせ、埔里バスステーションに到着したのは18時頃でした。
日帰りだったので少し強行スケジュールになってしまいましたが、きれいな景色を眺めることが出来たのでヨシとしたいと思います。今度は1,2泊してもっと色んな所を回れたらと思っています。

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

東引|安東坑道(台湾・連江県東引郷)

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!