北竿|壁山(台湾・連江県北竿郷)

イメージ
今回記事からは、南竿から北竿に移ります。北竿一つ目のスポットは壁山です。

ここは北竿で最も高い場所になります、案内板によると北竿だけでなくここ馬祖地区で一番高い所に位置している場所だそうです。
スポンサーリンク

獅子のオンパレードですね!!
誰もいない間に撮影を済ませておきました。

因みに観光バスが来るとこんな感じに…

スポンサーリンク

180度見渡せるので、パノラマ撮影しておけばよかったですね…すっかり忘れていました。
ここからは北竿飛行場(北竿機場)が一望できます。北竿飛行場の左端には元々島があったのですが、そこ崩してにして滑走路の延長がされたと言われています。
少し小さいですが、写真中央にある赤枠は南竿飛行場ですかね、空気が霞んでいてあまりはっきり見えませんでしたが目を凝らせば何とか見る事が出来ます。
実はここから北竿飛行場の離発着のタイムラプスを撮ろうと思っていたのですが、便数が少ないのでタイミングが合わず諦めました…まぁ、ここからはパノラマが楽しむことが出来たのでよしとしましょう!!

仏手洞(台湾.基隆市中山区)

今回は仏手洞を見るために中々行くことのない、基隆港の反対側にいきました。
この近くには、コンテナヤードがたくさんあり、そしてたくさんのトレーラーが行き交っている場所です。仏手洞はコンテナヤードの向かいにひっそりとありました。
仏手洞の入り口はこのお寺の右手にあります。

この階段を大体2分位上がると入り口近くまで行けます。

階段を上がり終えると地面に絵柄があるので、それに沿って歩いていくと入り口到着です。

昔、洞窟の中では波の音が聞こえたとか...残念ながら今では聞けなくなってしまったみたいです。

これが入り口です、中は照明がついていますが外から見ると、中は真っ暗に見えるので私はここで一旦入るのを躊躇ってしまいました。

入り口の高さはそんなに高くないです、背が高くない私でも屈まなければ入れませんでした。

中は結構複雑な形をしていますが、順路がちゃんと示してあるのでそれ通りに行けば迷うことはありません。
後、この中は上から水の滴が垂れてくる場所が多々あるので気を付けてくださいね。


洞窟の中でもここが一番湿度が高かった感じがしました。
ここを通り抜ければまもなく目的地に到着です。

ちゃんと撮ったはずが...指の一部が入っていなかった...

ホントに掌の形をしていますね、どうやって出来たのか不思議ですね。


私が行った時は、誰一人いなかったのでちょっとばかし怖かったですが、こんなにも不思議形をした岩を見れるのも多分ここだけだと思うので行ってみるのも悪くはないと思います。
行きたいけどこういう場所が苦手という方は誰か付き添いの方と行くことをお勧めします。

仏手洞の行き方

仏手洞のすぐ近くにバス停があるのでそこを利用すると便利かもしれません。
バスは基隆駅から304だけがここに辿り着くみたいです。


このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!

移動手段のバイクは梅貴租車行で借りました(台湾・花蓮県花蓮市)