北竿|壁山(台湾・連江県北竿郷)

イメージ
今回記事からは、南竿から北竿に移ります。北竿一つ目のスポットは壁山です。

ここは北竿で最も高い場所になります、案内板によると北竿だけでなくここ馬祖地区で一番高い所に位置している場所だそうです。
スポンサーリンク

獅子のオンパレードですね!!
誰もいない間に撮影を済ませておきました。

因みに観光バスが来るとこんな感じに…

スポンサーリンク

180度見渡せるので、パノラマ撮影しておけばよかったですね…すっかり忘れていました。
ここからは北竿飛行場(北竿機場)が一望できます。北竿飛行場の左端には元々島があったのですが、そこ崩してにして滑走路の延長がされたと言われています。
少し小さいですが、写真中央にある赤枠は南竿飛行場ですかね、空気が霞んでいてあまりはっきり見えませんでしたが目を凝らせば何とか見る事が出来ます。
実はここから北竿飛行場の離発着のタイムラプスを撮ろうと思っていたのですが、便数が少ないのでタイミングが合わず諦めました…まぁ、ここからはパノラマが楽しむことが出来たのでよしとしましょう!!

南竿|大砲連(台湾・連江県南竿郷)

続いてはこちら大砲連に入って行きたいと思います。

左側の建物で衛兵に見学したいと申し出て個人情報を登録し、写真撮影等の注意事項を聞いてからから中に入ることが出来ます、坂道の先にお目当ての場所があります。


 坂道を少し下った左手に小さな展示場所があります。
240㎜砲は1944年-1945年にアメリカで製造されたもので、ここにある240㎜方は1959年(民国48年)にアメリカから提供されたものです。スペックは、射程約23km、発射速度30発/時となっています。

対象物がないので実感しにくいですが実物はかなり大きいです、タイヤだけでも人一人分(約140~150㎝)ぐらいの高さがあります。

さて、階段を下ってお目当ての場所に行きたいと思います。



近くで見ると迫力ありますね!!!

木々に覆われた場所に置かれている240㎜砲で、1996年12月11日の発射を最後に今もになお現役で活躍しているとは驚きです。

開放時間:毎日AM8:30-11:30、PM14:00-17:00

※中華民国身分証を所持している方のみ
※此方は地図には載っていなかったので、今回記事には位置情報はありませんご了承下さい。

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!

移動手段のバイクは梅貴租車行で借りました(台湾・花蓮県花蓮市)