北竿|壁山(台湾・連江県北竿郷)

イメージ
今回記事からは、南竿から北竿に移ります。北竿一つ目のスポットは壁山です。

ここは北竿で最も高い場所になります、案内板によると北竿だけでなくここ馬祖地区で一番高い所に位置している場所だそうです。
スポンサーリンク

獅子のオンパレードですね!!
誰もいない間に撮影を済ませておきました。

因みに観光バスが来るとこんな感じに…

スポンサーリンク

180度見渡せるので、パノラマ撮影しておけばよかったですね…すっかり忘れていました。
ここからは北竿飛行場(北竿機場)が一望できます。北竿飛行場の左端には元々島があったのですが、そこ崩してにして滑走路の延長がされたと言われています。
少し小さいですが、写真中央にある赤枠は南竿飛行場ですかね、空気が霞んでいてあまりはっきり見えませんでしたが目を凝らせば何とか見る事が出来ます。
実はここから北竿飛行場の離発着のタイムラプスを撮ろうと思っていたのですが、便数が少ないのでタイミングが合わず諦めました…まぁ、ここからはパノラマが楽しむことが出来たのでよしとしましょう!!

東引|一線天(台湾・連江県東引郷)

今回からは連江県の特集が続くと思いますが、お付き合いお願いします。
連江県東引郷についた後、最初に向かうのは東引島の端にあるスポットです。ブログを始めて以来、一線天と聞くと行かずしてはいられ無くなってしまったみたいなので、ここは一番最初に訪れました。(日程等の詳細は総集編をご覧ください。)

一線天に行くにはこの細い階段を降り左へ、右側は軍営なので行けません。 それにしても階段に向けられた監視カメラは何だか威圧感があります…



この細い道をゆっくり下って行きます。

通路の脇には真新しい標識があり、色々な文言が書かれています。

離れた場所から見てもいい感じですね、下の景観台まで降りれるので行ってみましょう。

景観台に近づけば近づくにつれ波の音が一層大きく聞こえてきます。



デカデカと書かれた天縫聆濤の文字

奥に見える横向きのコンクリートは坑道どうしを繋ぐ為の橋となっているそうです。一線天が一般開放されているのに、坑道が見られないのは残念ですね。今でも使っているのでしょうかね!!??

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!

移動手段のバイクは梅貴租車行で借りました(台湾・花蓮県花蓮市)