北竿|壁山(台湾・連江県北竿郷)

イメージ
今回記事からは、南竿から北竿に移ります。北竿一つ目のスポットは壁山です。

ここは北竿で最も高い場所になります、案内板によると北竿だけでなくここ馬祖地区で一番高い所に位置している場所だそうです。
スポンサーリンク

獅子のオンパレードですね!!
誰もいない間に撮影を済ませておきました。

因みに観光バスが来るとこんな感じに…

スポンサーリンク

180度見渡せるので、パノラマ撮影しておけばよかったですね…すっかり忘れていました。
ここからは北竿飛行場(北竿機場)が一望できます。北竿飛行場の左端には元々島があったのですが、そこ崩してにして滑走路の延長がされたと言われています。
少し小さいですが、写真中央にある赤枠は南竿飛行場ですかね、空気が霞んでいてあまりはっきり見えませんでしたが目を凝らせば何とか見る事が出来ます。
実はここから北竿飛行場の離発着のタイムラプスを撮ろうと思っていたのですが、便数が少ないのでタイミングが合わず諦めました…まぁ、ここからはパノラマが楽しむことが出来たのでよしとしましょう!!

東引|国之北疆(台湾・連江県東引郷)

西引島の端にある国之北疆に行って来ました、台湾の最北端に位置しているスポットに行く事が出来ます。

国之北疆へと続く階段、この右側には軍営があるので写真には収めていません。

階段を上ると途中分かれ道があるのですが、その道は軍営に繋がっているので立ち入り禁止のバリケードが設けられているのでそれ以上先には行けません。真っ直ぐ進むのみです!!



歩き続ける事5分程円形の広場らしき場所に到着です、倉庫らしきものそして壁には以前使用していた巡回チェック表が残っていました。

広場を抜ければ国之北疆はすぐそこです。

先程の場所からはあっという間に到着します。

ここは東引に来た人が必ず行くと言われている場所なのですが、私が行った時には誰ともすれ違う事無く周りの景色は独り占め状態でした。

下には台湾最北端の地北固礁の北緯、東経が記されています。国之北疆の石碑の右側にある黒い点が北固礁です。

展望台から周りを見渡すと海蝕柱、三食石等々、ただの崖ではなく結構圧倒されます。意外と引き付けられます。

国之北疆に行くには階段の続く歩道を上って行かないといけないのですが、徒歩で約10分と時間もそれほどかからないので現地を訪れた際には是非行ってみて下さい。

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!

移動手段のバイクは梅貴租車行で借りました(台湾・花蓮県花蓮市)