北竿|壁山(台湾・連江県北竿郷)

イメージ
今回記事からは、南竿から北竿に移ります。北竿一つ目のスポットは壁山です。

ここは北竿で最も高い場所になります、案内板によると北竿だけでなくここ馬祖地区で一番高い所に位置している場所だそうです。
スポンサーリンク

獅子のオンパレードですね!!
誰もいない間に撮影を済ませておきました。

因みに観光バスが来るとこんな感じに…

スポンサーリンク

180度見渡せるので、パノラマ撮影しておけばよかったですね…すっかり忘れていました。
ここからは北竿飛行場(北竿機場)が一望できます。北竿飛行場の左端には元々島があったのですが、そこ崩してにして滑走路の延長がされたと言われています。
少し小さいですが、写真中央にある赤枠は南竿飛行場ですかね、空気が霞んでいてあまりはっきり見えませんでしたが目を凝らせば何とか見る事が出来ます。
実はここから北竿飛行場の離発着のタイムラプスを撮ろうと思っていたのですが、便数が少ないのでタイミングが合わず諦めました…まぁ、ここからはパノラマが楽しむことが出来たのでよしとしましょう!!

高美湿地(台湾・台中市清水区)

高美灯台に行った後すぐ目と鼻の先にある高美湿地に行ってきました。
 売店脇にある入口があり“湿地歩道”と書かれている看板がありそれに沿って進んで行きます。

 歩道を歩くこと大体2、3分

こちらが高美湿地の入り口

 入口脇にある看板、野生動物保護区に入ると5~25万元の罰金が科せられるそうです。

そして同じく入口脇にある看板で引き潮と満潮の時刻を記してあります。

 いざ湿地歩道に足を踏み入れてみます。

超えるなと書いてあるのですが、黒線は少し見にくいかな...??

 行った時は午後一時でちょうど引き潮の時間でした。なので遠くまで湿地が広がるのが見れました。

湿地のさらに奥には風力発電の風車

 歩道下の湿地に目を移すと白い点状のものがびっしり
なんかの貝殻だと思っていたのですが...

目を凝らして見るとカニがたくさんいました。辺り一面この様な光景が広がっています。

スポンサーリンク


 歩道は入口から一番端まで大体300Mといったところでしょうか。

 入口方面をパシャリ!左端にある赤白縞々の建物が高美灯台です。

一番端は海に面しています、折角なので冷たい海水でも触ってみようと思ったのですが、いざ触ってみるとすごくぬるかったです...

 入口に戻るときには引き潮から満潮に向け徐々に潮が戻ってきていました。

これは歩道に置いて有ったゴミです...ゴミは持ち帰りましょう!!

私が行った時間は大体午後1時ぐらいでした、人はあまりいないのですがものすごく熱かったです。後から友人から聞いたのですが、この場所は夕日の絶景ポイントらしくその時間帯は人でごった返すようです。
今度時間があれば日没の時間を狙って行けたらなと思います。ちょっと遠いのですが...

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!

移動手段のバイクは梅貴租車行で借りました(台湾・花蓮県花蓮市)