連江県2泊3日のタビ、1日目の宿はここ!!邊辰民宿に宿泊!!

イメージ
連江県2泊3日のタビ、一日目の宿はここ!!邊辰民宿に泊まりました。
宿選びはかなり迷いました、一つは料金でした。一人で行ったのですが、一人部屋が全くなく困りました。探していた中で、何件かあったのですが港から遠い所も結構ありました、後々分かったのですが、ほとんどの宿泊施設には送迎サービスがあるのでそこまで気にする必要もなかったです。

港までの迎えは何も伝えてはいなかったのですが、東引港に到着後、下船中に宿のスタッフから電話が掛かって来て「シルバーのバイクに乗っているので探してください」と言われ見渡しているとすぐ見つける事が出来ました。
外観 東引島の民宿は大体港から宿泊施設までの送迎があるのでとても助かります、またこの宿もそうだったのですが道が狭く分かりにくい場所にある宿泊施設もあるので迎えに来てもらえるのは非常にありがたかったです。
因みに私は荷物が少なく一人だったためお迎えはバイクでした、帰りは朝早くにも関わらず車で送って下さいました。人数、荷物量等によって臨機応変に対応してくれるのでとても良かったです。

こちらがフロント 外観も綺麗でしたが内装も綺麗だったので申し分無しです!!
チェックイン時に次乗る船便のチケットの手配とバイクをレンタルするか聞かれるので、必要な場合は申し出ればすべて手配してくれます。 バイクは、こちらの民宿が貸し出しているバイクを借りる事が出来ます。
バイクはすべて125ccでかなり新しく使いやすかったです。
スポンサーリンク


共有設備 浄水器、冷蔵庫は共有設備となっていて廊下に設置されています。  浄水器
 茶、インスタントコーヒー等が用意されています。
私は使う機会が無かったのですが、冷蔵庫もありました。 ベッドルーム 一人で宿泊という事で、隣のベッドには寝具はありませんでした。

ダブルベッドですかね!?一人で寝るには十分な広さでしたよ。枕が柔らかすぎて無いに等しい感じがしましたがそれもご愛敬です。

スポンサーリンク

バスルーム バスルームはシャワー、トイレ一体型でバスタブはありませんでした。バスルームも非常に綺麗で良かったです。水圧も申し分無し!!

シャンプー、ボディーソープは備え付けになっていました。真夏の馬祖はかなり暑く一日中歩き回ると体中汗でベトベト…洗顔料持ってきていなかったのが失敗でしたね…

スポンサーリンク
室内設備  かなり新しい日立製…

陽明山国家公園・七星山(台湾・台北市北投区)

小油坑遊憩区の噴気孔を見終えた後、バス停付近を歩いていると七星山への入口があったので登ってきました。

小油坑遊憩区内のバス停

七星山への入口

入って行くと石階段など足場の悪い道が続いていました。

入口から大体15分ぐらいした場所からなのですが、駐車場全体が見渡せます。


更に行くと小油坑遊憩区にある噴気孔の上辺りを登山道が通っているので、硫黄臭がかなり強くなります。

ここで上を見上げると登山者が点々と...先はかなり長いようで...

 登山道の近くでも噴気孔が見ることが出来ます。
僅かながら蒸気が出ています、手をかざしてみましたが結構な温度でした。


スポンサーリンク
 
噴気孔を超えるとだいぶ登ったことになるので、先程は大きく見えていた駐車場も小さく見えますね。

登山道を大体半分ぐらい行ったところにも噴気孔があります。

所々にある現在地を示す看板だけが励みになります!
1キロ以上は歩いたと思っていましたが、丁度1キロとの表示があったので少し疑ってしまいました。

このあとはこのような道がずっと山頂まで続きます。
途中あまり人には会わなかったのですが、山頂に近づけば近づくほど人の話声がどんどん聞こえてくるのが不思議でした。

山頂に着くと答えは直ぐわかりました、小油坑からしか登山道はないと思っていたのですが、別にも登山道があったんですね!!

ここが七星山の山頂高さは1120M、台北市で一番高い場所のようで!!

山頂は霧が濃く景色は全く見えず...真っ白…

下山時に連なっている山々の間から霧が立ち込めていました。
綺麗だったので思わずパシャリ、写真ではあまり伝わらないのが残念です。

今回は小油坑から七星山の山頂を目指したのですが、往復大体2時間30分程かかりました、途中雨が降ってきたりと天候にも恵まれませんでしたが、晴れの日には綺麗な景色が見れそうなので機会があれば快晴の日にリトライしてみたいです。

このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

東引|安東坑道(台湾・連江県東引郷)

彩虹眷村(レインボービレッジ)への行き方をなるべく解り易くまとめました!!